So-net無料ブログ作成
検索選択

昼ドラ 赤い糸の女 ネタバレ35話 [昼ドラ 赤い糸の女 ネタバ]

スポンサーリンク




昼ドラ 赤い糸の女 ネタバレ35話

いよいよ佳境に向かう物語

芹亜と唯美に子供が生まれ
舞台は信州上田に移動する
そこで芹亜の歪んだ怒りが…

唯美に麻衣子の姉から恨まれると芹亜はなぜか忠告にきて
一緒に鬼道家を乗っ取ろうと

そこに麻衣子の母親が来て、唯美を麻衣子だとまた勘違いしている
そのころ鬼道家では徳須が麻衣子の姉と戯れている

土地財産を自分のものにしようと
麻衣子だと思われている唯美を利用しようとする芹亜
でも唯美は突っぱねる

芹亜は
「私の頭の中はあなたのことばかり考えている」と不穏な言葉を唯美に投げかける
それを聞いた唯美は、とてつもない不安を感じる

麻衣子の姉遥香は徳須に抱かれ、徳須にまたいつもの質問を
麻衣子の事件の犯人は唯美なのか?となんども聞く
徳須はすらりとかわす
(小沢真珠の演技がきわだつね~、さすが昼ドラの女王?)

唯美の母親豊子はますます化粧が濃くなり
なんでと尋ねる唯美に「恋をしてる」と答える唯美
唯美はここでもちがった嫌悪感をいだき、不安に感じている

豊子は若干暴走気味でしゃべりまくっている。

家に帰ると芹亜がいる
驚く唯美

唯美の子供は芹亜を見て怖いとしか言わない
ほんとうに怖さがわかったいるんだろう

栃彦は良い人だね~と一言残し立ち去る芹亜

栃彦は芹亜に祝賀会でチェロを引けと頼まれたようだ

唯美は一人
ふさぎ込み、生活がめちゃくちゃにされそうな気がすると
唯美は不安に感じる

豊子の変わり様も嫌だし、栃彦の対応もなんか嫌だと
唯美は「大変なことがおこりそう」と本当に不安そうだ


時は過ぎ 7月
老人センターがオープンする
セレモニーの模様

鬼道家の面々も招待され
それを出迎える豊子と芹亜
豊子は得意げだ、若返ったと意気揚々

徳須は立派な就任挨拶をしている
その徳須を色目でみる
麻衣子の姉と豊子(変な構図だね)

演奏はKoNと栃彦 が行なっている(KoNはドラマ主題歌を実際やってますしね)

パーティは盛大に行われている

その中でも個人の思惑が飛び交っている
徳須に芹亜を筆頭に

豊子に遥香

ぐちゃぐちゃの構図ができあがりかな。
芹亜は
栃彦に接近をはじめる
切っても切れないなかなんだと…

そして家で待っている唯美は
帰ってこない栃彦を案じている
そしてコップの割れる音が
振り向くと娘がコップを割ってしまい泣いている
そんな姿を見ながら
不安にかられている唯美だった…


終末に向けて役者がそろって
ドロドロ加速状態ですね

あしたは芹亜が栃彦へどんどん接近しついには
そして徳須も暴れだす
あ~昼ドラまっさかりってとこですね


KoN でてきましたね


栃彦との演奏シーンと芹亜とのカラミで
ちょい役ですが…



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。