So-net無料ブログ作成

昼ドラ 赤い糸の女 ネタバレ37話 [昼ドラ 赤い糸の女 ネタバレ]

スポンサーリンク




昼ドラ 赤い糸の女 ネタバレ37話


徳須とのいい争いの後、部屋を出ると
芹亜が子供を連れて帰ってきている

ブサイクでしょうと芹亜は唯美に聞く
元気いっぱいの芹亜の子供

芹亜から整形していることは絶対言ってはだめだと
唯美に釘をさす

徳須は唯美と争った時に顔に傷がついているようだ


そして家では、栃彦が KoNと
楽器の演奏をしている
なんとも気が合う二人のようで楽しくしかもすばらしい音色で
奏でている

そして休憩しているときに話をしている
なんでものんでるお茶はごぼう茶だって

そこに電話が唯美に芹亜から
内容はKoNに老人センターに戻れっていうことと
唯美に芹亜の娘のじゅりを迎えにいってこいとの司令が
なぜと思いながらも唯美は強引にやるようにもっていかれる

琴子が織物教室を開いている
それも老人センターで

そこに唯美が娘を連れて帰ってくる
二人は仲良さそうで 遊んでいる

琴子が芹亜の子供がブサイクね~と似てないのよね~と
唯美に聞くが
そして麻衣子の姉にも同じ内容のことを
二人は話していて芹亜がやっぱり整形だと
疑惑が確信にかわったと話している


芹亜は楽しく遊ぶ二人のこどもを見て
中学校の時のことを思い出す。

こどもが 仲いいことを自分達も切っても切れない縁があると
芹亜はしみじみ話している

そして家で栃彦と話をする唯美
唯美の芹亜への嫌悪感を栃彦に話すがいまいち
栃彦は理解できない

そして、一番最初にあった赤い糸に縛られ
芹亜がわらっているシーンを思い出す唯美


豊子に会いにいくと芹亜は整形していると
うわさになっていて本当かどうかを唯美は聞かれる
でもそのうわさにすごく不安を感じている

そして悪夢がはじまる
うわさが広まり
老人センターで芹亜は老人たちから整形してると罵られてしまう。

それを聞いた芹亜はいかり来るって
豊子を呼びつけ、だれがうわさを言っているのか問い詰める

するとうわさを流しているのは、遥香だということがわかる

豊子のところに、唯美と芹亜のとんでもない話を遥香はしている
そのときに整形の話もしているようだ

子供がすごく違うからと勘ぐられているにもかかわらず
整形の秘密をしゃべったのは唯美だと思い込む

芹亜は徳須と話しているが、もう唯美が裏切ったと思い込んでいる
何かを企んでいるようだ
「唯美は裏切りものだと」

そして芹亜は唯美にまた保育園に迎えにいってくれと頼み
家から離れさせると
芹亜は栃彦の家に行く

は~なにかやるぞって感じですね

そして栃彦に話があると
唯美がこんな生活耐えられるわけないと昔は派手な生活をしていたと
唯美の過去を話してしまう。

唯美のいけないバイトのことを話してしまう
栃彦はなにかも間違いだというが
芹亜はまくし立てる
借金していたとか、いけないバイトをしていたとか
洗いざらい


そして明日は
芹亜に秘密をばらされた唯美
栃彦となんとか関係回復しそうだが
芹亜の追い打ちが

唯美は芹亜へ問い詰めにいくが…

さて荒れてきましたね~


スポンサーリンク



タグ:赤い糸の女
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。