So-net無料ブログ作成

ビブリア古書堂の事件手帖 ドラマ 感想 [ビブリア古書堂の事件手帖 ドラマ 感想]

ビブリア古書堂の事件手帖 ドラマ 感想を

ドロドロドラマが終わって昼ドラの枠は大変おとなしくなっちゃいましたね。

2013年新ドラマ、見てるんですが
ドロドロはまったくと言っていいんほどないんだけど
今回一押しはこれかな

ビブリア古書堂の事件手帖っていう ドラマ

赤い糸の女とは系統がまったく違いますが、
面白く見てます。



もともと漫画なんですね。

長い黒髪の透き通るような肌をした美人ってのが本にまつわる謎を
古本屋の店主という古書の知識から解いていくってストーリーです。

その女店主を
ショートの黒髪 剛力彩芽が演じている

ちょっとどころか、大分違うね~と思ったが
そこは月9ドラマ
多少ドラマ風にアレンジされています。

まだ始まったばかりですが
謎解きがすっごく細かい部分なんで
そこにはまっていますね。

でも赤い糸の女 再放送したらそっち見そうだけど。


「赤い糸の女」終わって結構経つのにまだまだ人気が… [ドラマ 赤い糸の女 感想]

ドラマ 赤い糸の女が終わって数ヶ月経ちますが
やっぱり三倉茉奈のインパクトもあって
まだまだ人気というか余韻が残っていますね。

年も変わりこの昼ドラ枠
また新しいどらま
「モメる門には福きたる」
ってやつですが

このドラマ ドロドロがないらしんですよ

だからそこまで期待されていないのか~ってこともないけど

インパクトや期待感はあんまりないようで


撮りためて一気に見るのが面白いかも

ドロドロあって笑いもある?
そんなドラマまたやってほしいですね

こんなパターンもあるって

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。